第5回CCサロン 「建築・都市におけるソーシャルデザインの可能性」

イベントの詳細

第5回CCサロン 「建築・都市におけるソーシャルデザインの可能性」

時間: 2 月 3日 2013年 4pm ~ 6pm
場所: Loftwork Lab 10F(渋谷区・道玄坂)
番地: 道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア10F
地図: http://loftwork.jp/ja-JP/prof…
イベント タイプ: ccサロン
組織担当者: クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
最新アクティビティ:1 月 24日 2013年

Outlook や iCal (.ics) にエクスポート

イベントの説明

クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)による、オープンカルチャーに関する新しい対話の場/学びの場である「CCサロン」第5回「建築・都市におけるソーシャルデザインの可能性」を開催いたします。


21世紀に入り、日本では、人口減少・高齢化と経済停滞による財政上の問題を前に、公共建築や都市計画の設計のあり方が変容を余儀なくされている。2040年には空き家率が40%に達することや、現在の建築物の床面積を3,4割に圧縮しないと維持することができなくなる等の研究・報告がなされるなかで、これまで構築されてきた既存の公共建築や社会的インフラ等のリソースをどう有効再利用または縮小していくか?これらは公共建築に特有の問題なのか?それとも商業施設や戸建ての住宅にも適用可能なのか?
 
一方で、インターネット/デジタル技術の発達により、建築や都市計画の設計における技術的・データベース的なインフラは整いつつあり、それをベースにして、よりプロセスをオープンに透明化・可視化する集団的設計のあり方も模索されるようになった。そして、それは政府や教育機関の情報を市民に対して公開・透明化するという、オープンガバメント・オープンデータという世界的な潮流とも整合しているように思われる。そのような流れのなかで、建築のデザインとクライアント・住民の要求のバランスをいかに図っていくのか?
 
今回のCCサロンでは、日本社会の縮小をポジティブに捉え直す「列島改造論2.0」を構想し、「公共建築から考えるソーシャルデザイン・鶴ヶ島プロジェクト」なども行っている建築家の藤村龍至氏、そして、オープンガバメント・データの専門家であり、『情報社会と共同規制』などの著書でも知られる生貝直人をゲストに、集合知的な建築、都市計画、そして(ソーシャル)デザイン等の可能性をオープンガバメント、オープンデータといったオープン化の流れの中で多角的に議論してみたい。
 
 ゲスト:藤村龍至(建築家)、生貝直人(博士(社会情報学)、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教)

モデレーター:ドミニク・チェン(CCJP理事)

 

【入場料・申込方法】

入場料:1,500円(including 1 drink)

申込み:以下のページの参加フォームへご記入

http://creativecommons.jp/weblog/2013/01/4880/

※本ページでの参加表明(右上の「参加する」)でも受付いたします。

 

【プロフィール】

藤村龍至(建築家)

photo: Kenshu Shintsubo

 

1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。2010年より東洋大学専任講師。2007年よりフリーペーパー『ROUNDABOUT JOURNAL』企画・制作・発行。2010年よりウェブマガジン『ART and ARCHITECTURE REVIEW』企画・制作。

建築家として住宅、集合住宅、オフィスビルなどの設計を手がけるほか、現代の建築、都市に関わる理論を発表し、建築系、思想系の専門誌などに寄稿を行う。建築や都市に関わるテーマでフリーペーパーや書籍、シンポジウム、トークイベント、ウェブマガジンの企画・制作・編集、展覧会のキュレーション等、メディア関連のプロジェクトを数多く手がける。近年は、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、日本列島の将来像の提言など、広く社会に開かれたプロジェクトも展開している。

主な建築作品に「BUILDING K」(2008)「東京郊外の家」(2009)「倉庫の家」(2011)「小屋の家」(2011)「家の家」(2012)。主な編著書に『1995年以後』(2009)『アーキテクト2.0』(2011)『3・11後の建築と社会デザイン』(2011)『コミュニケーションのアーキテクチャを設計する』(2012)。主なキュレーションに「超都市からの建築家たち」(hiromiyoshii, 2010)「CITY2.0」(EYE OF GYRE, 2010)「超群島 -ライト・オブ・サイレンス」(青森県立美術館, 2012)

 

生貝直人

博士(社会情報学)、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教)

1982年埼玉県生まれ。博士(社会情報学、東京大学)。2005年慶應義塾大学総合政策学部卒業、2012年東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。情報・システム研究機構融合プロジェクト特任研究員、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教、東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター特別研究員、特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事、総務省情報通信政策研究所特別フェロー等を兼任。

専門分野は日米欧の情報政策(知的財産、プライバシー、セキュリティ、表現の自由)、文化芸術政策。『情報社会と共同規制』により第27回テレコム社会科学賞奨励賞受賞。

 

コメント ウォール

コメント

第5回CCサロン 「建築・都市におけるソーシャルデザインの可能性」 に返事をしてコメントを追加しましょう!

OpenCU.com に参加する

出席する (1)

◎メールが届かずサインアップができない件
登録メールアドレスへの返信が迷惑メール扱いされるケースが報告されています(特にGmailの場合)。返信が届かない場合、迷惑メールもご確認ください。よろしくお願いします。

最新アクティビティ

プロファイルのアイコン via Twitter
本日開催、三谷宏治さんの「伝える技術」満員御礼申し上げます!本日は満員ですが、6月後半に同氏が講師を務める「発見×探究」(再再演)のワークショプも行いますので、そちらもお見逃しなく!https://t.co/9FlXFQv63s
Twitter59 分前 · 返信 · Retweet
プロファイルのアイコン via Twitter
RT @chiaki: 「舞台照明」にスポットを当て、参加者が「一日照明プランナー」として実際の照明プランニングを考え、演目を実演するワークショップだって。面白そう! 坂本明浩 体験!舞台照明デザイン | OpenCU https://t.co/lWeCsWazeH
Twitter1 時間前 · 返信 · Retweet
radysh moraさんのブログ
14 時間前
OpalN Bradyさんのブログ
14 時間前

© 2017   Created by OpenCU.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約

オフライン

ライブ動画