Yu Morita
  • Tokyo
  • 日本
Facebook で共有
共有
  • ブログ記事
  • Events
  • グループ

Yu Moritaさんの友達

  • 馬塲 寿実
  • 市川 恵貴
  • izuizu(山本和泉)
  • 坂本貴史
  • Kazuhito Kidachi
  • Noriyo Asano
  • chiaki hayashi
 

Yu Moritaさんのページ

最新アクティビティ

"Yu Morita" さんが "OpenCU" さんのイベントに出席しています
サムネール

IA Thinking by 坂本貴史(bookslope) loftwork Seminar Room 8F

3 月 15日 2011年 7:30pm ~ 9pm
◆お知らせ◆会場の定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。現時点でイベントをお知になった方には誠に申し訳ありませんが、先にご登録された方を優先させていただきます。※参加希望者には、事前にお知らせさせていただきます。 当日はUSTREAMにて中継も予定しておりますので、そちらでのご参加をよろしくお願いいたします。http://www.ustream.tv/channel/opencu-ustream IAをみんなで考えてみませんか? 坂本貴史氏、渾身のIA本発売を記念してトーク&ワークショップを開催!3月下旬にワークスコーポレーションから出版される坂本氏初の自著『IAシンキング -…つづきを読む
2 月 24日 2011年
Yu Moritaさんの更新イベント
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
11 月 14日 2010年
"竹田大輔" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席する可能性があります
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
11 月 2日 2010年
"taenakao" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席しています
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
11 月 2日 2010年
"馬塲 寿実" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席しています
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 25日 2010年
"神森 勉" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席する可能性があります
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 25日 2010年
"chiaki hayashi" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席しています
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 18日 2010年
"馮 富久" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席しています
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 15日 2010年
"山岸ひとみ" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席する可能性があります
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 13日 2010年
"関 剛彦" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席する可能性があります
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 5日 2010年
"Mitsuhiro Suwa" さんが "Yu Morita" さんのイベントに出席する可能性があります
サムネール

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム LoftworkGround(東京都渋谷区道玄坂1-2-7 8F)

11 月 26日 2010年 1:30pm ~ 4:30pm
これまで、障害のある方のWeb参加は支援技術などによりコンテンツにアクセスしやすくすることに注力されてきて、それは、今後も更なる 発展をしてゆくものであると思います。 一方で、最近のスマートフォンなどは当初からアクセシビリティに考慮した機能が組み込まれているケースも見受けられ、また、ネット企業によって音 声検索や動画の自動キャプションなど新しい技術も開発されてきており、支援サービスがインフラになる潮流が着実にできつつあると考えられます。 そのような流れを受けて、今後は、コンテンツにアクセスしやすくすることはもとより多様なユーザーの存在を認識し受容するダイバーシティの考え方 に基づいて、より多くの人の役に立つコンテンツやサービスを発想し、「だれもが使える」ウェブから、「だれもが必要とする」ウェブに発展してゆく ことが重要になるでしょう。 有識者、専門家の意見をまじえ、アクセシビリティからダイバーシティへの潮流について知る機会として、シンポジウムに是非ご参加ください。…つづきを読む
10 月 3日 2010年
"馬塲 寿実" さんと"Yu Morita" さんが友達になりました
9 月 29日 2010年
"Yu Morita" さんが "市川 恵貴" さん、"izuizu(山本和泉)" さん、"Kazuhito Kidachi" さん、および "坂本貴史" さんと友達になりました
9 月 10日 2010年
"Yu Morita" さんと"chiaki hayashi" さんが友達になりました
7 月 30日 2010年
"Yu Morita" さんが "masako maeda" さんのイベント Webサイトのガイドラインはなぜ重要性なのか?コメントしました
「ガイドラインは指針。たとえば、このブランドを適切に扱うためにここまでの制限事項を満たしてね、満たしていればあとは自由だよっていう感じ。つまり自由の範囲を定義しているもの。マニュアルは要するに手順書で、誰がやっても同じ結果を得られるようにするもの。」
7 月 30日 2010年
"Yu Morita" さんが "masako maeda" さんのイベントに出席しています
サムネール

Webサイトのガイドラインはなぜ重要性なのか? 渋谷 道玄坂 ロフトワークGround

8 月 26日 2010年 7pm ~ 8:30pm
皆さんにとってガイドラインはどんな存在ですか?  ・自由につくりたいし作ってほしい。ガイドラインなんて不要だ〜!  ・ボリュームが多すぎて、ちゃんと見たことない  ・リニューアルの度に変えてしまうので活用してない  ・結局、コスト高にならない?  ・いや、ガイドラインがないとWebサイト管理は不可能だ! などなど、色々な意見があると思います。今回は、現状のガイドラインが抱える課題を確認した上で、これからのWebサイトガイドラインの在り方をみんなで考えてみたいと思います。想定しているサイトの規模はサイト全体のHTML 3,000ページ以上、ランニングコスト50万円以上/月 です。 講師には、大規模サイトの設計・運用のエキスパートである増井さん(キヤノンマーケティング)や高橋さん(富士通)、木達さん(ミツエーリンクス)という豪華ゲストが登場。そこに私(ロフトワーク前田)も加わって、発注側と受注側、双方の視点でディスカッションする予定です。…つづきを読む
7 月 30日 2010年

プロフィール情報

興味のある分野
Internet
専門分野・得意な分野
User Experience
ブログや会社のサイト等、自身のサイトがある場合にご記入ください
http://twitter.com/securecat

コメント ウォール

コメントを追加するには、OpenCU.com のメンバーである必要があります。

OpenCU.com に参加する

  • コメントがまだありません。
 
 
 

◎メールが届かずサインアップができない件
登録メールアドレスへの返信が迷惑メール扱いされるケースが報告されています(特にGmailの場合)。返信が届かない場合、迷惑メールもご確認ください。よろしくお願いします。

© 2017   Created by OpenCU.   提供:

バッジ  |  問題の報告  |  サービス規約

オフライン

ライブ動画